ホーム>糺の森財団について

糺の森財団について

 

世界遺産の保全と保護のお願い

世界遺産の保全と保護のお願い

我が国の貴重な世界遺産である「糺の森」は、京都市の中央に位置する鴨川と高野川が合流する三角州の一帯に位置し、3万6千坪・東京ドーム3倍の面積に紀元前3世紀ごろの山代原野の原生樹林と同じ植生が群生し、石器時代からの人々と森林(自然)に関わる遺跡や遺物が現存する、学術的・歴史的に貴重な森林です。また、四季に移ろう林泉の美と幽すいが「万葉集」をはじめ「源氏物語」など、数々の物語や詩歌管弦にうたわれています。樹間を流れる御手洗川・奈良の小川・瀬見の小川・泉川の流水と、貴重な万葉植物や昆虫、小動物などが生息するなど、大都市にあって山代原野の面影を残す唯一の自然林であり、日本の歴史と文化を今日に伝えています。

昭和58年、日本文化の原点として国の史跡に指定され、平成6年には世界遺産条約に基づきユネスコより、顕著な普遍的価値を有する文化財として『世界文化遺産』に登録され、世界人類共通の宝物として未来永久に我が国が正しく次世代に伝えてゆく誇るべき文化財と認められました。さらに「糺の森」には、国宝2棟・重要文化財53棟をはじめとする85棟の建造物群を有するとともに、歴史的伝統祭事の賀茂祭(葵祭)をはじめ日本の歴史資料を数多く保存継承しています。

ところが、近年の急速な都市化により環境と景観に大きく影響され「糺の森」は荒廃を極め、平安時代の優れた伝統の建築様式である国宝、重要文化財等の建造物群の破損も著しく危機的な状況にあります。 何卒、我が国が世界に誇る世界遺産「糺の森・国宝賀茂御祖神社」を後世に受け継ぐため公益財団法人世界遺産賀茂御祖神社境内糺の森保存会(略称 糺の森財団)にご入会いただき、絶大なるご支援・ご協力を賜りますよう、切にお願い申し上げます。

 

公益財団法人世界遺産賀茂御祖神社境内糺の森保存会 理事長 千 玄室 世界遺産・国宝賀茂御祖神社・国指定史跡「糺の森」環境保全会 会長 梅原 猛