ホーム>ニュース・お知らせ>10月6日(土)世界遺産 糺の森芸術祭 2018
「月花夜曲」開催します。

ニュース・お知らせ

10月6日(土)世界遺産 糺の森芸術祭 2018
「月花夜曲」開催します。

世界遺産 糺の森芸術祭 2018
速海ちひろ&森本英希  ハープとフルートの夕べ
「月花夜曲」

 

http://tadasumusic.com/index.html

 

今年の糺の森芸術祭は、関西を代表するハープ&フルート奏者、速海ちひろさんと森本英希さんをお迎えして、一夜限りのスペシャルコンサートを行います。夜の糺の森を静かに照らす月の下、二人の美しい音色が響きます。 下鴨神社「直会殿」でのスペシャルコンサート。通常非公開の会場での特別なひとときを是非お楽しみください。70人限定です。

 

出演:ハープ・歌・朗読 /  速海ちひろ、フルート / 森本英希

日時:10月6日(土)  開演 18時30分〜(18時00分開場)

会場 : 下鴨神社内 直会殿(なおらいでん)
〒606-0807 京都市左京区下鴨泉川町59
tel : 080-5710-9526

70席限定(定員になり次第閉め切らせて頂きます。予めご了承ください。)

入場料 : 1000円 (台風21号被害復旧、糺の森保全のための募金)

 

問い合わせ/申し込み

・WEB 専用フォームよりお申し込みください。
http://tadasumusic.com/concert.html

 

・E-mail:tadasumusic.gmail.com

 

速海ちひろ(ハーピスト・ソプラノ)
幼少から音楽・演劇・バレエを学ぶ。その後、邦楽や邦舞の世界にも身を置き、一時はその道を志すも、奨学金を得て英・仏に留学。
シャーロット・シール、キャトリーヌ・ミシェルらに才能を見出され、ハープに転向。
わずか数年のうちに、l’UFAMパリ国際コンクール中級部門第一位、同コンクール上級部門審査員全員一致の2位(1位なし)、J・F・モーリー賞ほか、国際コンクールやマスタークラスで優勝・受賞を重ねる。
その後、名教師ジェルメーヌ・ロレンツイーニのもとで研鑽を積みつつ、声楽とハープを組み合わせた、“グランドハープの弾き歌い”を開拓。
新しい表現の可能性を追求し、現在、その第一人者として、国内外で活躍の場を広げ、注目を集めている。
2004年 イザベル・モレッティ氏を招き、「京都日仏ハープ塾」を設立・開催。その後、「京都フランス音楽アカデミー」にハープクラス開設の道を拓くなど、ハープ界にも大きく貢献。
2010年 レジョンドヌール叙勲式にて日仏国家独唱を務める。
2014年 イザベル・ぺラン氏の推薦により、「第12回世界ハープ会議」に出演。絶賛を浴びる。
2018年 岐阜国際音楽祭コンクール、アンサンブル部門にて、最高位(1位なしの2位)を受賞。
今後、国内の音楽祭だけでなく、台湾やフランス等、海外のフェスティバルにも、出演が予定されている。
過去には生田流地歌箏曲のほか、地歌舞を五世井上八千代に師事するなど、日本の芸にも造詣が深く、これまでに、筝曲等からの編曲、著名な古典芸能の演奏家や能・狂言とのコラボレーション等も手掛け、好評を得ている。 立教大学フランス文学科出身。
元関西フランス学院非常勤講師。
チャリティーコンサートへの貢献に対し、国際ロータリー財団より、ポールハリスフェローの称号を授与されている。

 

森本英希
京都市立芸術大学音楽学部卒業。
同大学修士課程修了。 大阪シンフォニカー交響楽団フルート奏者を経て現在テレマン室内オーケストラのフルート奏者。
その他、フルート四重奏団「アンサンブル・リュネット」、現代音楽アンサンブル「ネクスト・マッシュルーム・プロモーション」、ピリオド楽器アンサンブル「京都バロック楽器アンサンブル」のメンバー。
また、アレンジや作曲も手がけるなど多方面にわたり活動中。 フルートを安藤史子、伊藤公一、大嶋義実、白石孝子の諸氏に師事。
故J.ベイカー、故C.ラルデ、M.ラリュー、T.ワイ、Ph.ベルノルド、J.フェランディス各氏のマスタークラスを受講し研鑚を積む。

 

 

糺ノ森芸術祭2018 月花夜曲表 糺ノ森芸術祭2018 月花夜曲裏

 

PDFダウンロード