糺の森財団についてAbout TADASU NO MORI Foundation

糺の森財団の活動

史跡糺の森・国宝賀茂御祖神社とその祭事は、2000年以上守り引き継がれた貴重な人類の遺産です。
しかし、現代の急速な都市化や環境変化によって、史跡糺の森は荒廃の危機に直面し、また賀茂御祖神社の社殿も、近年の技術者不足や資材調達の難しさなどから、その保全には大きな経費が求められています。 
当財団は、人と自然の関わりの中で創り、守られてきたこの遺産を後世に継承するために活動して参りました。その活動が認められ、平成21年12月、内閣府より「公益財団法人」に認可(府益担1030号)されました。これにより、当財団へのご寄付や会費は、税金還付対象・損金扱いとなります。 
このかけがえのない遺産を未来へ引き継ぐため、保全事業へのご支援をお願い申し上げます。

おもな取り組み(保全事業概要)

世界文化遺産「糺の森」の記念物や森に生息する動植物、森の環境や景観、そして国宝や重要文化財の神社の建築物や美術工芸品、古文書など貴重な文化財を保存するための助成。

賀茂祭(葵祭)や御陰祭、御手洗祭、夏越神事、流鏑馬神事など下鴨神社に伝わる祭りや神事を守り、伝え、後継者を育成するための助成。

前記に関する調査研究、その他普及広報活動。

糺の森の保存と活用に関する事業。

その他、当財団の目的を達成するために必要な事業の実施。